表情はオシャレで体調で決まる

REVY(レヴィ)カラコン通販について

GLAMの通販サイトで買えるカラコンの代表格でもあるREVY(レヴィ)ですが、大まかに特徴を見ていきましょう。
まずはレンズサイズは14.5mm。人気のあるサイズですよね。
14.0とか14.2mmでは小さく感じるし、14.8mmになると大きく感じるなら、このサイズはいいですね。
ただ、レンズサイズはどれくらいがいいかというのは、好み次第ですから、絶対ってのはありません。ちょうど良いなって思ったら続ければいいでしょうね。
そして、イメージとしては、やはりハーフ系ですね。決してナチュラルに学校や会社につけていきたくなるようなタイプではないと思います。
カラーが5色もありますが、特にブラウンとグレーは外国人風になれるかなと感じています。他の色もいいのですが、オシャレが得意でない私は、どういうメイクをしたり、服を合わせればいいかがちょっと分からなくて。似合う人はいいですよね。
そして、もう一つ特筆すべきは、その装着感の良さです。これも、つけ心地とかは感じ方は人によって違うでしょうから何とも言えませんが。
それより、まずは自分にあったベースカーブ、度数をきちんと考えないといけませんね。
確かに処方箋が必要なく通販で買えるかもしれませんが、きちんと眼科で受診して、自分の目のことを十分に知った上で買いたいところです。
そして、つけ始めても、途中で視力が落ちることもありえますので、それはカラコンのせいかは分かりませんが、なにより、常に度数も合ったものを着けたいなって思います。
なので、最低でも3ヶ月に1度は眼科で検査を受けるなりしたほうが賢明ということです。カラコンが危険だとかよく聞きますが、その前に、自分で出来ることは最低限する必要があると感じています。

REVYカラコンはGLAMで!

ハーフ系カラコンでこれほど人気があるのもなかなかないかも♪
そうです「REVYカラコン」です。

まずは簡単なスペックから。
  • レンズ直径DIA14.5mm
  • 着色直径14.1mm
  • レンズのフチなし
  • 含水率38%
  • ベースカーブBC8.6mm
  • 1箱2枚入り
  • 度あり2,980円、度なし1,980円
  • 使用期間は6ヶ月〜1年間
  • PWR(度数)は「-10.00」まで
このスペックを見ても、これほどコスパいいのも珍しいですよね♪
通販で買えるのは「GLAM公式サイト」です。
先に書いておきますが、REVYを買うには送料がかかります。韓国からの直送ですから。
これを書いてる時点では、送料は1,500円。確かに厳しいです。
でも、それでも人気があるのは、カラコン自体が激安だからかな。
そして、どうせなら、少しでもお得に買いたい♪
そんな時は「同梱」です!

REVYと同梱できるカラコン

REVYカラコンを買う時、友達同士で、まとめて買うと、その分、送料の負担を減らせるんです。
ただ、2ペア4枚まで。同梱できるのは「クチュール・Rodeo・REVYのみ可能」ということです。
それでも、1ペア2枚で買うより、単純に、1ペア辺りの送料負担を減らせるので、同梱するに限りますね。
2ペアなら、私は自分で買います。友達と買うのも面倒だし。欲しい色が何色かあるしね。

REVYカラコンの5色カラーを見ていきます

REVYのカラバリは5色展開です。
ブラウン・グレー・ブルー・グリーン・バイオレットになります。では1色ずつ見ていきましょう。
まずはブラウンです。
やっぱり人気はブラウンかな。
発色が良くて、ハーフっぽくなれたって口コミも多いですね。でもナチュラルなんです。
メイクは濃いめのほうが合うかな。薄いと浮いちゃうかも。
セミモールド製法なので、ゴロゴロしなくて薄くてつけ心地が良いって話もよく聞きます。
3トーンでハーフ系なら、REVYブラウンから試すのいいんじゃないかな。
そして、次も人気のグレーですね。
レンズ直径が14.5mmあるんですが、これは感じ方人それぞれですね。
思ったより大きいと感じるか、小さいと感じるか、それは自分の目の色や大きさの影響もあるでしょうからね。
フチなしって馴染みやすいんですよね。だから好き。
私がよく利用する通販サイトは、楽天とかドンキとかですが、REVYはGLAMの公式サイトでしか売ってないはず。
CROOZブログで装着画像とかレポしてくれてる人もいるので参考にしたりはします。
そしてブルーです。
ブルーもあまりない色ですね。外国人風になりたいときにいいかも。あとはコスプレのときに使いたいです。
ここからは結構個性的ですね。
グリーンの紹介です。
緑色って私はどうやって合わせればいいのか分からないです。
誰か服とか髪型でうまく合わせてる人がいたら参考にしたいのですが、今見てる限りではちょっと分かりません。
最後は紫、バイオレットです。
これも口コミが多くないですね。ブラウンとかグレーに比べると、選ぶ人も少ないのかな。分かりませんが。

REVYに新作MISTYです

REVYシリーズに新しく登場したのがMISTYです。
何が違うのか簡単に書いておきます。はっきりいって、REVYカラコンとほとんど違いはありません。
レンズのサイズも一緒ですしね。デザイン面がほとんどです。同じく5色ですが、バイオレットがなくなり、ピンクが入ってますね。3トーンなところも同じですし、あとはデザインで選ぶと考えると、選択肢が増えたと考えればいいかな。
REVYMISTYカラコン通販もGLAMです。
しかしmistyって何だかかっこい名前ですよね。その辺のセンスが光ります。

14.0mmREVYハーフカラコンでおすすめな理由

ハーフ系カラコンにもいろんなサイズ、タイプがあります。
14.8mmとかのもありますが、今のおすすめは小さめかな。
例えば14.0mmのDIAのとかです。

メルベルが人気なのは、このDIAの小ささも関係してると思います。着色直径13.0mmも結構小さめですね。従来のレヴィは14.5mmでラスターで14mmだものね。

DIAが大きいメリットはデカ目効果ですが、そもそもデカ目カラコンって男性ウケはどうなんでしょうね。
男性だけでなく、女性に対してもそうですが、よほど似合う顔立ちなら別ですが、黒目は大きければ大きいほど魅力的になるなんてことは絶対ないでしょう。

ちょうど良いサイズってのがあるんだと思います。
中には14.0mmとか14.2mmだと小さくて、裸眼と変わらないって言う人もいますが、果たしてそうなのかなって最近疑問に思うようになってきたんです。
好みですから、何がいいとかないんですけどね、あくまで私はですよ。

メルベルの口コミを見てても、やっぱりこの14.0mmというナチュラルさが気に入ってる人は多いなって思います。

アプリコットブラウンなんかは特に好きなんですが、派手すぎない、大きすぎない、だからメイクにも馴染みやすいんだと思います。

今のところ、14.0mmのナチュラルハーフ系カラコンのおすすめは、やっぱりメルベルだね。
メルベルの14.0mmと同じハーフ系にはどういうのがある?
メルベルと同じ14.0mmでハーフ系といえば、まずはエンジェルカラーのワールドシリーズがあります。ブラウン、グレー、グリーンとあって1ヶ月使用です。
フチも強すぎないけど、1ヶ月使用なんでコスパはメルベルのほうがいいでしょう。
モディックは14.2mmになるからもうちょっと大きいね。
あとはシェリエですね。こちらは1年使用で14.0mmだからメルベルに近いけど、もうちょっとフチがはっきりしてます。
韓国カラコンにはなりますが、新作のREVYラスターも14.0mmのハーフ系です。

ただ私が見てて思うのは、ナチュラルハーフカラコンという点で見ると、やはりメルベルがおすすめなんですよね。
そこはドットデザインが関係しますので、またの機会にレポします。

なぜここまで14.0mmにこだわるかというと、それは目に優しいという点もあるからです。
瞳も酸素を必要とします。
裸眼と比べると、確実にカラコンは酸素の量が足りません。
クリアレンズよりも着色がある分、やはり酸素不足に陥りやすいです。
これにレンズの大きさが関係してきます。
付け始めた段階では変わらないかもしれませんが、時間とともに、目が充血してきたり痛みを感じるようになるかもしれません。
特に直径が大きいレンズだと、角膜の蓋が大きくなるわけですから負担は大きくなります。

目に悪いと思うならカラコンなんて着けなければいいと思う人もいるでしょうけど、オシャレをしたいと思う気持ちを抑えることが出来ないこともあるでしょう。
ですので、何点か、目のために考えられることを少しだけでも意識したいとこです。

小さくね?それならカラコン16mmに賭けてみる

思い切ったオシャレが出来るのも10代とか20代くらいまででしょう。
それ以降になってから、あまりにも露骨に盛るようなファッションはさすがに年相応ではなくなってきて、自分でもちょっとどうだろうって気持ちになってきてしまうもので。特にカラコンのサイズについては強くそう思うんですよね。
仮にカラコン16mmにするなら、早いほうがいいかなと思うようになってきました。日に日に年を取るわけですから、このままだとつけるチャンスをなくしてしまうのではないだろうか。
まずはカラコン16mmワンデー(1day)からにしておけば、失敗するリスクもそれほど高くはないのかもしれないよね。
カラコン16mmならワンデー(1day)がおすすめ